「てFから」、「たFあとで」、「たFら」、「辞書Fと」の違い

上の4つの言葉はとても似ています。

授業であなたの先生は何と言いましたか。

「同じ」と言いましたか。

意味は似(に)ていますが、少し違います。

初級レベル

1)「AてからB」と「AたあとでB」はほとんど同じです。

しかし、「AてからB」は「A」をもっと言いたい時に使います。

例(たと)えば、下の例文1-1は、「花を買います」は「彼女に会います」の準備(じゅんび)です。

そして言いたいことです。だから、「~てから」を使います。

例1-1 彼女の誕生日のプレゼントの花を(◯買ってから/?買ったあとで)、彼女に会います。

例1-2 Plain Formを(◯覚えてから/?覚えたあとで)、JLPT5を受けます。

「AたあとでB」は時間の順番(じゅんばん)を言います。それだけです( Thats all )。

例1-3 LESSON1 を(?勉強してから/◯勉強したあとで)、LESSON2を勉強します。

2)「AたらB」は意味が2つあります。

「AたらB」は「Bが起こる条件はAです」という条件(じょうけん)を言う時に使います。

例2-1 この薬を(◯飲むと/?飲んでから/?飲んだあとで)、熱(ねつ)が下がります。

例2-2 日本語を10年(◯勉強したら/?勉強してから/?勉強したあとで)、日本人と同じぐらい日本語が上手になりますよ。

前と後ろの時間関係がとてもはっきりしているときは、「AたらB」は「「AてからB」、「AたあとでB」と同じ意味です。

例2-3 駅に(◯着(つ)いたら/◯着いてから/◯着いたあとで)電話をしてください。

もう一つは、「もしAです、その時は~」という仮定(かてい)を言う時に使います。

この時もAとBの時間の前後関係(Aが最初で、Bがあと)が必要(ひつよう)です。

例2-4 もし18才に戻ることができたら、一人で1年ぐらい世界を旅行したいです。

例2-5 日本に行ったら、大阪でたこ焼きを食べてくださいね。

3)「AとB」ももしAをする、そのあとで~」という仮定(かてい)を言う時に使います。

では、何が「AたらB」と違いますか。

それは「AとB」は「もしAをします。それでは100%Bになります」という意味があります。

例3-1 右に(◯曲がると/?曲がったら、)郵便局があります。

例3-2 春に(◯なると/?なったら)、桜が咲きます。

上級レベル

4)「AてからB」は「A」が長い時間、続く時にも使います

例4-1 去年(◯結婚してから/?結婚したあとで)今は毎日家で晩ご飯を食べます。

例4-2 病気に(◯なってから/?なったあとで)ずっと会社を休んでいます。

Recent Posts
Archive
Search By Tags